体験談・コラム

【ダウンロード必須】シンプルで使いやすい習慣化アプリ『Routick』

routick

アプリでらくらく習慣化

お疲れ様です、
イネ(@ineblog39)です!
イネ
イネ

今回は習慣化の手助けをしてくれる、シンプルで使いやすいアプリを紹介します!

アプリでやるべきことの管理をして、効率良く習慣化していきましょう!

 

関連記事:

絶対に習慣化するためのコツ5選

 

 

Routickの使い方

今回は以下の内容を解説します。

 

Routickの使い方

  1. 基本画面
  2. 習慣化したいタスクの管理
  3. タスクの編集
  4. 記録の確認

 

それでは順番に見ていきましょう。

 

 

①基本画面

 

上の画像が『Routick』の基本画面です。

自分が設定したタスクが表示されます。

 

やり終えたタスクのタイルをタッチすると

チェックマークとタッチした時の時刻が記録されます。

 

 

②習慣化したいタスクの管理

 

基本画面右上のチェックマークと直線のアイコンをタッチすると

タスク管理の画面が表示されます。

 

新しいタスクは右下にある青丸の+ボタンから登録できます。

既にあるタスクを編集したいときはタイルにあるペンのマークをタッチしてください。

 

 

③タスクの編集

 

タイルのペンのマークまたは右下の青丸と+のアイコンをタッチすると

タスク編集画面が表示されます。

 

今回は「タイピング」のタイルをタッチしました。

新しく登録するときは、画像の「タイピング」と書いてあるところが

「タスク名」となっているのでやるべきタスク名を入力しましょう。

 

タスクをやろうとしている曜日には画像のようにチェックマークが入っています。

やりたくない日はチェックマークを外しましょう。

 

チェックマークをタッチすると、チェックマークが外れます。

チェックマークがある日はタスクのタイルが基本画面に表示され、ない日は表示されません。

 

「通知する」を有効にすると、この後に自分で設定する時刻に通知が送られます。

 

この機能のおかげで
タスクのやり忘れを防げますね
イネ
イネ

 

「一言メモする(チェック時)」を有効にすると、

基本画面でタスクのタイルをタッチした時に一言メモを残せます。

 

タスクをやり遂げたときの感想などを書いておくと、

何かしら思い出になるかもしれませんね。

 

 

④記録の確認

 

タスクのタイルをタッチするとこの画面が表示されます。

自分がいつやり遂げて、いつやらなかったのかが一目で分かるようになっています。

 

吹き出しの中には先ほど出てきた「一言メモ」として入力したことが表示されます。

僕は一言メモは利用していないので、自動的に「達成!」の文字が表示されています。

 

タスクをやり遂げた日は日付に白丸が付きます。

やらなかった日は何も付きません。

 

タスクの記録を付け忘れた日は、その日付をタッチすることで記録を付けられます。

「せっかくタスクをやったのに記録の付け忘れで連続記録が途切れた…」

なんてことはないので安心してください!

 

 

最後に

『Routick』は使い方、設定そしてデザインがシンプルで

誰でも使いやすいタスク管理アプリです。

 

習慣化が人生の成功のカギを握っているので、

アプリを上手に利用しながら効率良く習慣化していきましょう!

 

それでは、よい習慣化ライフを~

 

関連記事:

絶対に習慣化するためのコツ5選

 

-体験談・コラム
-

© 2020 イネブログ Powered by AFFINGER5