体験談・コラム

白ご飯をキャベツに置き換えて3か月生活した結果【体験談】

キャベツが主食になりつつある

お疲れ様です、イネです!

今回は、

白ご飯をキャベツに置き換えて3か月生活いた結果について

紹介しようと思います。

僕は主食が白ご飯なのですが、

コロナの影響もあり、キャベツが主食になりつつあります。

3食の内2食は白ご飯ではなくキャベツを食べています。

「なぜコロナのせいでキャベツが主食になるの?」

と不思議に思った方もいらっしゃると思うので、

順番に説明していきます。

 

そもそもなぜキャベツに置き換えたのか

僕は昼ご飯と夜ご飯は大学の食堂(学食)で食べていたのですが、

コロナの影響で学食が閉鎖されてしまいました。

自粛ムードの中、外食をしに行くのもどうかと思ったので、

仕方なくコンビニでご飯を買うことにしました。

しかし、コンビニ弁当はあまり体に良くないという話を聞きますし、

値段も安くはありません。

 

「健康面にも気をつけたいし、なるべく安く済ませたいしなぁ」

ということで選ばれたのが「キャベツ」でした。

千切りキャベツは一袋100円程度で売られていて安いですし、

食物繊維も豊富ですし、何より野菜なので健康にいいです。

野菜だから健康にいいというのは半分間違っているかもしれませんが、

キャベツにはビタミンC、K、Uが豊富に含まれています。

ビタミンCは風邪予防や疲労回復、肌荒れなどに効果があり、

ビタミンKは血液の凝固促進や骨の形成に役立っており、

ビタミンKは胃や十二指腸に対する抗潰瘍作用があります。

 

こういうわけで、僕はコンビニ弁当を買う代わりにキャベツを買うようになりました。

ちなみに、おかずはサラダチキンです。

また、キャベツにはシーザードレッシングをかけています。

 

 

どんな効果が表れたか

僕が実感した効果は以下の通りです。

 

・大して運動してなくても太らない

・便通がよくなる

・食費が安い

 

では順番に見ていきましょう。

 

 

大して運動しなくても太らない

白ご飯の代わりにキャベツを食べているので、摂取カロリーを大幅に減らせます。

コロナのせいで外でじたばた運動できない分、摂取カロリーを減らさないと太るので

キャベツは大いに活躍してくれています。

しかし、シーザードレッシングは意外とカロリーが高いので、かけすぎには注意しています。

 

便通が良くなる

僕自身、快便なのでこれ以上便通が良くなる必要はないのですが、

キャベツ生活が始まって以来、1日に2回は便通が来ます。

びっくりです。

便秘で悩んでいる人はぜひキャベツを食べてほしいです。

加えて、少し下品にはなりますが、

便の匂いがマイルドになります。嫌な臭さが激減しているんです。

実際に誰かに嗅がせるわけにもいかないので、

この件に関してはここまでにしておこうと思います…。

 

食費が安い

コンビニ弁当の代わりにキャベツと、おかずのサラダチキンを買っているので

かなり食費を抑えらえています。

コンビニ弁当の種類によっては安い弁当もあるかもしれないのですが、

キャベツとサラダチキンを合わせた値段は350円程度です。

これより安いコンビニ弁当はそう多くないのではないでしょうか。

 

その他に思うこと

毎日毎日同じコンビニで同じ食べ物を買っているので、

コンビニの店員さんに絶対顔を覚えられてしまってると思います。

多分、店員さんから「またコイツか…」と思われていることでしょう。

僕も店員さんの顔を覚えてしまいました…。

ファミマの店員さん、キャベツとサラダチキンをいっつもいっつも買いに来ているのは

他でもない僕です。

 

 

まとめ

主食がキャベツになりつつある生活を過ごすことで、

食費を安く抑えられたり、健康的な食生活を送れたりというメリットがあります。

正直、デメリットは感じていません。

毎日毎日同じものを食べるのが嫌な人もいるので誰にでもオススメできませんが、

食べるものにこだわりがない人にはこのキャベツ生活をオススメします。

 

それでは、よいキャベツライフを~

 

 

参考にしたサイト

・キャベツの栄養成分と効用:旬の野菜百科

https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kyabetu3.htm

 

 

-体験談・コラム
-

© 2020 イネブログ Powered by AFFINGER5