体験談・コラム

【体験談】居酒屋バイトってどんな感じなの?

かつて居酒屋バイトをしてました

 

今回は居酒屋バイトはどんな感じなのか紹介します。

 

実は僕、大学1年生の冬の時期に居酒屋バイトをしてました

塾講師バイトとの掛け持ちです。ちなみにキッチン担当でした。

 

この記事では以下のお悩みを解決します。

 

こんなお悩みを解決!

居酒屋バイトの全体像を知りたい

居酒屋バイトのメリット・デメリットを知りたい

経験者の生の声を聴きたい

 

また、塾講師のバイトについて知りたい人には以下の記事がオススメです。

【大学生必見】塾講師アルバイトのメリット5選

 

 

居酒屋バイトの内容

 

これから説明する内容は僕の経験に基づいています。

だから全ての居酒屋バイトに当てはまるわけではないです。

 

 

居酒屋バイトの1サイクル

夜7時に出勤し、店長や料理長、その他社員さんに挨拶をして更衣室に向かいます。

更衣後、マニュアルに沿って手を入念に洗い、健康管理表に必要事項を記入します。

 

それが終わると厨房に行き、「よろしくお願いします!」と大きな挨拶をして、早速調理に取り掛かります。

伝票が入っていたらそれに書いてある料理を作りますが、なければ皿洗いから始めます。

皿洗いは基本バイトの人の仕事です。

 

お客さんが少なくなる夜9~10時あたりになるとまかないをいただきます。

まかないは料理長や社員さん特製です。

 

まかないを食べ終わると終業時刻まで仕事をして、終業時刻になると店の閉め作業を始めます。

まな板などの調理器具や流しの清掃、ごみ処理はほぼバイトの人がやります。

 

それらの閉め作業が全て終わると料理長に終わったことを報告し、

着替えを済ませ、料理長に挨拶して帰ります。

家に着くのは大体午前2~3時です。

 

これが、僕がやっていた居酒屋バイトの1サイクルです。

 

 

居酒屋バイトってキツいの?

 

正直に言うと、キツかったです

キッチンの人数が少なくて一人当たりの作業量が多かったり、

料理が上手じゃなくて苦戦したりしたのも

キツかったと感じる原因だとは思います。

 

もっと本質的な原因は以下の2つです。

 

時間のプレッシャーがあること

生活習慣が崩れること

 

本当に時間との勝負で、いかに効率良く料理を作るかが大事でした。

これは本当にキツかったです。

 

料理を作るのが遅かったらお客さんに迷惑がかかるし、

何より伝票がどんどん溜まっていきます…。

常にプレッシャーがつきまとっていました。

 

滝のように伝票が流れてくる光景はまさに地獄で、今でも割とトラウマです…。

 

また、バイトを終えて家に帰るとほぼ毎回午前2~3時になっていたので

寝るのが遅くなって生活習慣が崩れ気味でした。

 

 

居酒屋バイトのメリット

 

キツい居酒屋バイトだからこそ得られるメリットもありました。

居酒屋バイトのメリットは以下の3つです。

 

居酒屋バイトのメリット

  1. 包丁の扱いが上手くなる(キッチンの場合)
  2. まかないがある
  3. 店員に優しくなれる

 

それでは、順番に見ていきましょう。

 

 

①料理が上手くなる(キッチンの場合)

ホール担当の人は料理を基本しないのでこれは当てはまりませんが、

キッチンだと包丁の扱いが上手くなります。

 

悩める人
悩める人
料理は上手くならないの?

 

って思ったかもしれませんが、

正直、料理はあまり上手くなりません。

 

というのも、

料理を一から作ることがほとんどなく、

主に以下のような作業が中心だからです。

 

冷凍食品の解凍

材料を切る

焼き鳥や魚を焼く

 

一から作っていたらとてもじゃないですが料理が間に合いません。

そんなわけで、居酒屋バイトでは包丁の扱いが上手くなるくらいでした。

 

メリットなのにデメリットみたいになってしまいました笑
イネ
イネ

 

②まかないがある

まかないがあるので晩ご飯代は浮きました。

しかもまかないは毎回おいしかったので最高でした。

 

あまりお金に余裕がない大学生にとっては嬉しいサービスです。

 

今日のまかないを想像するのも楽しかったです笑
イネ
イネ

 

店員に優しくなれる

居酒屋バイトを通して、店の者として働き辛い経験をしているので

多少店員に不満があっても受け入れられるようになります。

 

例えば、なかなか料理が出てこなくても

「あ~店員さんも大変なんだろうな~分かるぞその気持ち…」

って感じになって気にならなくなるので

ファミレスとか行ってもストレスフリーです。

 

『苦労を経験することで相手の苦労を理解できるようになる』

ということを身をもって知りました。

 

 

居酒屋バイトのデメリット

 

居酒屋バイトのデメリットは以下の3つです。

 

居酒屋バイトのデメリット

  1. キツイ
  2. 生活習慣が乱れる
  3. 手が臭くなる

 

それでは順番に見ていきましょう。

 

 

①キツい

これは店によるので必ずしもキツいとは限りませんが、

基本的にはどこの店もそれなりにキツいと思います。

 

とにかく時間との勝負ということは先にも書きましたが、

本当に時間との勝負です。

もたもたしていると次のオーダーが入るので効率良く作業しないといけません。

 

また、ホールの人なら、

酔っぱらったお客さんの相手をしないといけない場合もあるので、大変だと聞きます。

 

 

②生活習慣が崩れる

夜遅くまで働くことが多いので、生活習慣が崩れやすいです。

 

バイトを上がる時間を早めにすればある程度は解決できますが、

人手が足りない店なら難しいでしょう。

 

 

③手が臭くなる

皿洗いやごみ処理があるので手が臭くなります。

 

最悪セッケンで5,6回洗っただけでは匂いは落ちなくなります。

厨房で手を洗っても匂いが落ちず、

家に帰って風呂に入っている時に手を洗ってもまだ匂いが落ちない。

 

これはマジでキツかったです…
イネ
イネ

 

居酒屋バイトを経験しての感想

 

キツいキツいと何度も言っていますが、

居酒屋バイトを経験して良かったと思います。

 

なぜかと言うと

包丁の扱いが上手くなったり店員に優しくなれたりするのもありますが、

辛いことを乗り越えた経験から自信がついたし、

「居酒屋バイトより楽」と考えたら色んなことがカンタンに思えます。

 

やはり何事も経験なので、居酒屋バイトの経験も大切です。。

 

あと、皿洗いはスポーツだと感じました笑

というのも、皿洗いをソッコーで終わらせるために、バタバタと動き回るからです。

まるで新しいスポーツか何かをしているかのようでした。

 

なんなら僕が皿洗いをスポーツ化したいとさえ思いました。

いかに早く、キレイに皿を洗い、指定された場所に戻すかの勝負…

 

なんてのは冗談です笑

 

 

まとめ:皿洗いはスポーツです。

結論、居酒屋バイトも人生経験の一つとしてやってみましょう。

 

「若い時の苦労は買ってもせよ」って言うくらいなので、

居酒屋バイトをするか迷っている人は

タウンワークなり何なりで今から申し込みましょう。

応援してます!

 

それでは、よい居酒屋バイトライフを~

 

 

 

 

 

-体験談・コラム
-, ,

© 2020 イネブログ Powered by AFFINGER5